横田基地燃料漏れについて

2010年9月18日 01時02分 | カテゴリー: 活動報告・日誌

今日、横田基地対策特別委員会で報告されました。

 7月11日に起こった、横田基地内での、ジェット燃料をこぼしちゃった事件について、今議会の一般質問で、ふたりの議員が取り上げました。
 米軍機にジェット燃料を入れる際、10ガロン(約40リットル)の燃料漏れが発生し、近くにあったバケツであわてて受けたが、こぼれた分は吸収シートで吸い取った、それでも排水溝に流れてしまったものが、0.5ガロン(約2リットル)
 しかし、量が少なく、揮発性があるので、市内への影響はないだろうとのことで、情報提供が当初なかったとのことでした。
 4日経って情報が提供されたとき、今度は、市も影響がなさそうだからと議員には、情報提供しませんでした!!
 この一般質問によって、私は知ったわけですが、市から議員全員への正式な?(一般質問は正式じゃないのか?)情報提供は、まず、基地対策特別委員会(今日でした)、それから、最終日(9/28)の全員協議会で、ということでした。
 一般質問のやりとりは、インターネットで生中継されていて世界へ配信されているわけですが、それから、さらに1週間たたないと、「市からの正式な情報提供」がなされない・・・意味わからん。
 北関東防衛局から入った情報も、市で「議員には知らせなくていいか」と判断されてるなんて・・・ひどい。
 建設環境委員会では、横田基地から流れ出る下水の量が増えたが自衛隊移駐に伴う自衛隊庁舎建設工事に伴って、地下水が大量に出てきたものと思われるが、聞いても教えてもらえない・・・なんでも言ってほしい。それから、地下水脈が分断されたりしないのだろうか?地下水を約60%も飲んでいるまちなのに、そのことを気にする職員はいないのかな?上水道は東京都の管轄だから?・・・不思議。

 ところで、冒頭の燃料漏れ。実は、10年間に90回も起こっているそうです!(お知らせはほとんどありません)
 セルフのスタンドで自家用車にガソリンを入れても、こぼしたことなんて1回も無いですよ?私。
 
 ジェット燃料の扱いがそんなにお粗末だなんて、どういうことなんだろう?「今回再発防止を申し入れたところでございます」と報告されていたけど、米軍はちゃんと対策を打ってくれるのだろうか?
 
 わからないことだらけの横田基地。
 日米の共同司令部になって、基地の強化になることだけはわかっている。