子どもたちも意見表明!集団的自衛権の閣議決定にNO!

2014年7月5日 19時12分 | カテゴリー: 子ども, 平和, 活動報告・日誌

本日(7月5日)11時から、福生駅前にて、集団的自衛権行使容認に反対するアピール行動として、遊説を行いました。

権力を縛るための憲法を、時の権力である政権が、勝手に解釈を変えて、国の形を変えてしまうという横暴に出た、安倍政権。

この民主主義の破壊に、多くの市民が危機感を覚えている実感を持ちました。

用意したビラは、あっという間になくなり、急いで増刷をして配布。シール投票にも、マイクの声を聞きつけて、通り過ぎたのを戻ってきて、「反対」にシールを貼ってくれた方。

そして、何より、子どもたちの反応がすごかった!

小学生から高校生くらいまでの子どもたちが、しっかりと、「このことはおかしい!」「戦争ができる国になるのは心配だ!いやだ!」という意思を持ってシールを貼ってくれました。

でも、中には、まだ「個別的自衛権」と「集団的自衛権」を混同してしまっているおとなもいて、とても、国民に理解されて、必要とされた閣議決定ではないことがはっきりしました。

こんな重大なこと、国の形を変えることを、時の権力が勝手に推し進めるのであれば、それは、国民主権を踏みにじっていることになります。

子どもたちに恥ずかしくない社会を受け渡していくためにも、今回のこの閣議決定は絶対に許せません。