都知事選挙に参加しよう!!

2014年2月5日 16時46分 | カテゴリー: 活動報告・日誌

 東京都知事選挙が今度の日曜日と迫ってきました!

3年間で3回の都知事選挙、待ったなしの課題が満載の東京都の運営をどうするのか、憤りを覚えざるを得ない知事辞任の流れの中で、脱原発を掲げる候補が複数出ていること。これをなんとか実効的なチャンスに変えられないか!!

生活者ネットワークでは、内部的に議論を繰り返してきました。

今回の選挙は、ひとり一人が情報収集し、よく考え、見極めて、周りの人とも議論をし、選ぶべき人に投票してほしい!

そして、そこここで、議論が展開される場面がいつもよりも多いということも実感しています。たまたま集まった友人グループで選挙の話なんていままでしたことない人たちが、それぞれ自分の論を展開し、私はこの人、いやいや私はあっちと話している。悩んでいる人も多いと思います。

今回、私は、政治的決断を急ぐべき「脱原発」の実効性を考えて、細川護煕氏を応援していこうと考えています。

普段何党を応援していようとも、きちんと情報がわかれば、脱原発以外に人類の進む道はないはずです。

東京都は、電力の大々消費地です。そのエネルギーをどこから調達するのかは、分権の時代の今、東京都が責任を持って決めるべきことです。

東京から、脱原発を実現し、国のエネルギー政策を根本から見直すことに影響させていくこと。そのことは真に国民の命を大事にする政治への転換になります。

「原発ゼロ、再稼働ストップが、新しい成長に点火する!」

そう呼びかける細川氏に共感します。

もう、あと数日を残す選挙戦ですが、遊説をぜひ聞いて欲しい!インターネットで動画も複数流されています。

共感を持つポイントは、ひとつじゃないし、人によっても違うと思います。

多様な人からの共感を得られて、脱原発が進むのは誰か!しっかり選んでいきましょう!

そして、もしも、周りのお知り合いが、「選挙に行かない」なんて人がいるとしたら、あなたから呼びかけてください。選挙に行こう!必ず行こう!キチンと選ぼう!

それから、もう一つ忘れてならないのは、選挙が終わってからも、選ばれた人をちゃんと見て意見を伝えていくということ。

今回、ひとり一人が考えて集まった票で当選した人は、偏った組織や一部の層だけの声を聞いていればいいというわけにはいかなくなります。私たち都民がそうさせるのです。

東京都をどうするかを自分のこととして、考えていくことを止めない。そうしたひとり一人の行動が、すべてのテーマ、課題を網羅していくのです。

今回の東京都知事選挙は、政治の在り方そのもの、私たち都民の政治との関わり方そのものを変えていく選挙にしましょう!!